皆さんこんにちは。

船橋屋の青木優海です。

毎日暑い日が続いていますね!!

先日のブログでカキ氷のお話がありましたが…

私のおすすめは“ゴールドキウイ”と“あんず”です。

甘酸っぱいフルーツのソースが暑い日にはぴったりです。

夏ならではの風物詩、ぜひお試し頂ければと思います。

 

さて、船橋屋のくず餅ですが、何から作られているのか、皆様ご存知でしょうか。

“くず餅”というと“葛粉”を連想される方も多いですが、船橋屋のくず餅は

【小麦澱粉】から作られています。

 

小麦澱粉 手

 

【小麦澱粉】を使用したくず餅は関東流と言われており、船橋屋のくず餅も

東京の下町 亀戸で生まれた関東流です。

船橋屋のくず餅特有の、もちもちとした弾力、そしてしなやかな歯ざわりは

【小麦澱粉】から作られているからこそ出せる味わいなんですね。

 

この【小麦澱粉】を450日、約15ヶ月間の間【乳酸発酵】させ、じっくりと熟成していきます。

この【乳酸発酵させた小麦澱粉】に水を加え、丁寧に蒸し上げることで

船橋屋くず餅は作られています。

 

くず餅アップ

 

船橋屋のくず餅は、常温保存でそのまま美味しくお召し上がり頂けますが、

暑い時期にはお召し上がりになる1~2時間前に、少しだけ冷蔵庫で冷やして頂くと、

ヒンヤリとお召し上がり頂けます。

 

くず餅夏皿もり

 

ただし、冷蔵庫に入れすぎてしまうと固くなってしまいますのでご注意を。

ほんのり冷やして、夏場のくず餅をお楽しみ下さい。


 
Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.